『王家の紋章』4/23マチネ感想

再演バージョンでのDVD発売が発表されましたね〜。今の所2回ずつ収録らしいので→半分は観た舞台が映像化…?迷います。劇場特典がポスターらしいからどうしようかな⁇ 初演再演セットならば迷わず買うのにね〜。
本日のダブルキャストは宮澤キャロル、平方イズミル。こんだけ回数見るとダブルキャストの細かな違いが気になります。
冒頭のお墓で花束を最後は散らす新妻さん→宮澤さんはそのまま置く。
メンフィス仮死状態でのキャロル→歌は断然新妻さんだけど、焦って喋る台詞は宮澤さんのがリアル。あと気がついたメンフィスに手を握ったり髪触ったりいきなり馴れ馴れしいです。その直前まで「触ってんじゃないわよ!」と冷たかった宮澤キャロルだからギャップがww。
病院ベッドで横たわったままの新妻さん→ガシッとライアン兄さんにしがみつく宮澤キャロルは寝相も悪い。あれじゃあ、兄さんが面倒見なくちゃになるわ〜。
ただ、このシーンでベッドから出てくるキャロルの「白い上履き」は??ってなります〜。濃いピンク衣装つけても上履きのままだけど、初演はもっと目立たない肌色ソックスだったよね?
拷問シーンで何気に鞭振るうのが上手い平方イズミル。宮野さんは気絶したキャロルの顔はちょっと触るだけだけど、平方さんはマジマジ見ててイヤん!
戦争シーンで満面の笑みを浮かべてたのに、泣いてるキャロルを見ると悲しげな顔になる平方さんのイズミルはやっぱり王子様ですよね。
宮澤さんはキャラは似合うし、華があって舞台映えする可愛いところはやっぱり好きなキャロルですが、台詞が大分向上した割に歌が雑になったなぁ〜。前はもっと可愛い聞き取りやすい声で歌ってたのに、今は真ん中の音を合わせたら、高音も低音も出ません!位に音域狭い感じです。初演は結構唄えてたのに…?
平方さんは逆に伊礼さん浦井さんと三人で歌うシーンや、アイシス含めた四重唱で声が通るようになった気がします。声似てる浦井さんがキー下げた分、高めの声が素敵に。
今日はライアン兄さんがマイク調整が微妙で台詞が聞こえなかったり、書類を破らず握り締めて(エコに目覚めた?)たりしてたのが気になりました。でもカテコ挨拶では宮澤キャロルと仲良しでした。笑笑

以上、『王家の紋章』ミュージカル感想でした

[PR]
# by ayaryna | 2017-04-23 19:29 | ミュージカル | Trackback | Comments(0)

『王家の紋章』4/18ソワレ感想

本日は宮澤キャロル・平方イズミル。これでダブルキャストコンプです〜。そして今日も映像収録。宣材用?DVD発売用?→初演バージョンのが良かった…。

宮澤さんは収録だとエンジンがかかるのか、今日は凄く気合い入ってました。同行者に「歌はアレだけど、頑張ってます感があって可愛いじゃん」と言われ、うん…、今日はね…、って毎回頑張って欲しいですね。台詞が初日は何だったんだろう位違います。あと少しサ行の滑舌が、って感じ。元気にメンフィスなんて嫌い!って感じはかわいい。
浦井メンフィスは、歌が絶好調だぜー(特にニ幕)、って感じですが何だかキャロルに冷たくなった。顔が歌舞伎調に表情固定してて怖い…。なんかメイクがいつもより直線眉毛^_^だったからかなぁ。
平方イズミルは相変わらず王子様で色っぽいです〜。9日のキャスト初日以来ですが、ヒラヒラ衣装をはためかせ妖艶なイズミルさんでした。市場で会った時にキャロルが嬉しそうに話しかけるのも無理ない。
今日のオケがイマイチだったのは何故でしょうか?初っ端の「ファラオは太陽〜〜」で金管が外し、一幕ラストのナイル氾濫では木管が音ふらふら、二幕のアイシス様熱唱では金管うるさいぞ!ミュート忘れたか?状態…。代役だったんでしょうか?帝劇オケは上手い印象だったのに。
そして日曜に声がガラガラだった山口イム様が、休演日挟んで声戻ってる!良かった〜って思った途端に貢物シーンの思い切り歌詞間違え…。
今日の収録舞台でDVDは辞めて欲しいです。

以上、『王家の紋章』ミュージカル感想でした。

[PR]
# by ayaryna | 2017-04-18 21:54 | ミュージカル | Trackback | Comments(0)

『王家の紋章』4/16ソワレ感想

本日はマチソワ、イズミルは両公演とも宮野さん、キャロルはマチネ宮澤さん、ソワレは新妻キャロル。
なんか、両ヒロインの個性の違いとか、細かい芝居の解釈っていうか方向性の違いは分かりやすいですね。
宮澤キャロルは「他人のいう事なんか聞かないもん!」新妻キャロルは「えっ、私そういうこと駄目?」って感じ(笑笑)。
ただ、金曜ソワレで台詞までビブラート掛かってた新妻さんが、今日は割と普通に話してました。そういう話し方だとやっぱり声可愛い。けど、、、なんだろう台詞回しが微妙。歌はあんなに上手いのに、何故? 濱田アイシス様と歌うシーンで珍しく音程がふらふらしたりとお疲れな感じでした。
宮野イズミルはソワレはそこまで歌謡ショーじゃなかった。むしろ珍しくキャロルが好きそうに見えたww。
浦井メンフィスは舞台ではかっこいいのに、カテコ挨拶がボケてて面白かったです。その「大人買い」は誰も感違いしないなぁ〜。
この回のチケットが手持ちでは一番前の一階D列でしたが、この距離で見るとミタムン愛加さんが滅茶苦茶綺麗でビックリします。お人形さんみたいでした。あと山口イム様が音を盛大に外してて、せっかく貸切のチケットを取ってくれた友人が嘆いてました。なんか1週目でガラガラな祐様が心配…。五月末まで喉もつのかなぁ。
それと貸切公演なので、特別チラシが配られたんですが、人物相関図のアイシス→メンフィスが「溺愛」ってなんか違う…。それはライアン→キャロルでは?

以上、『王家の紋章』ミュージカル感想でした。


[PR]
# by ayaryna | 2017-04-16 22:29 | ミュージカル | Trackback | Comments(0)

『王家の紋章』4/16マチネ感想

本日のダブルキャストは宮澤キャロル・宮野イズミル。8日初日と同じ組み合わせですが、全く別物みたいでビックリしました。
元々キャロル二人はキーが違ってましたが、宮澤キャロルのキーは初日よりもさらに下げたらしく、新曲がちゃんと歌詞分かりました。ただ新妻キャロルとは全く別の曲になっちゃってます。台詞もご指導が入ったのか滑舌が良くなってホッとしました。ただ、あの調子で歌っていたら喉潰さないかしら?腹から声が出てないんですよね〜。プロならば初日には仕上がっていてくれ〜〜って部分は残りますが、キャラ(と見た目)はやっぱり可愛いなぁ〜。そして何故青ラメシャドーはそのままなんだろう? 二幕冒頭でライアン兄さんにガッシリ抱きつくブラコンなのに、次のシーンでは古代に戻っちゃう。なんか「あんまり考えなくて状況に流されちゃう」キャラが妙に似合う。
宮野イズミルは、どんどん「歌謡ショー」化して来ちゃったなぁ〜。王子様度が更に薄まり、「復讐に燃える仇役」に演技がなるのはまだいいけど、歌い出すと設定覚えてます?に募る不安…。
浦井メンフィスと濱田アイシスは調子がどんどん上がっていってる感じでソロが素敵です〜〜。メンフィスが初演バージョンだとアイシスやミタムンに顔寄せたりイロイロしてたのが無くなっちゃって、逆にアイシスが「これイイわ〜」って見てた首飾りをキャロルにあげようとしたりと、アイシス様に随分冷たいです。ミタムンさんはアイシスとの格闘シーンが益々激しくなって来ましたね。ただ、一回袖に引っ込んでから炎を巻きつけて出てくる演出は何とかならなかったのかな。
海戦シーンで両袖から空中に突き出す書割ボート。あれだとセチ達は海中で亡くなったんだろうか?
以上、『王家の紋章』ミュージカル感想でした。

[PR]
# by ayaryna | 2017-04-16 16:04 | ミュージカル | Trackback | Comments(0)

『王家の紋章』4/14ソワレ感想

この日は幕前にアナウンスがあったのですが、機材搬入して録画してました。その為か、全く同じメンバーで二日前に見た舞台とは良くも悪くも変化が…。役者さんもカメラは意識してしまうんだなぁ〜〜って感じました。

たまたま、8日初日と同じ列のチケットでしたがマイク調整が全然違う…。まぁ、初日は小さすぎたんですが、この日はアンサンブルさん達のマイクも含めて大きめで、台詞のどよめきなんかも良く聞こえました。それはいいんですが、新妻キャロルがきゃっ、とかウフッ、と言う声がウザい。可愛い高い声だから普通に喋れば十分若い子で通るのに何だかなー。歌とか台詞も興奮して来るとビブラートで震えるのが、身近なヒステリックおばさんと似てて個人的には苦手だわー。歌は上手いし見た目も美人だし小柄で役にぴったりな筈なのに何故かあまり好きになれない。いい女優さんなんだけどね。
宮野イズミルさんは、台詞喋りの格好良さは文句無しだし、初演よりも身振りが大きくなったんですが、やっぱりあのズルズル衣装は裾さばきが大変なのか、戦闘シーンで片袖踏んで滑ってました。刀も飛んでってたけど、足首とかグギってなった?感じにつまづいたんで、怪我しなきゃいいけど。再演では結構落ち着いたイメージで歌っていたのに、カメラを意識したのか「宮野真守ショー」みたいな歌い方になっちゃってましたし。
浦井メンフィスさんは、台詞がいつもより一言一言ハッキリ目くらいでしたが、やっぱり太った…。マントで隠せばまぁ、何とかなる!ですが、介抱されシーンで脚とか腕までぶっとくてビックリ。声は良く出るようになったんですがね。あとラストの裏が赤の白マントがひょっとして新衣装?あの赤色で隣のキャロルの新衣装も作ればお揃い感が出るし色白の新妻さんには似合いそうなのに何で一幕と同じようなピンクにしたかなぁ。
そして、ラストの曲もそうですが、市場シーンの新曲も何で入れたかな?って思います。割と難しい曲だけど、そんなにいい曲でも無くて。アンサンブルさんのパートが歌詞が分かりにくくて聴きにくいし。むしろ初演で印象的なフレーズで記憶に残るアイシス・ライアン兄さんの曲や、出陣式のイム様の曲とかばっさりカットするなら、貢物シーンやキャロルが宮廷に連れてこられた宴会シーンのフルコーラスを半分にした方が良いだろうに。市場シーンは前バージョンのがダンスとか見やすいし歌も短かったしなぁ〜。
話の筋が早すぎる割には、このシーン長い…って部分は残り、逆に細々とキャラが分かるやりとりが減ったから、元の設定が分かりにくくて。原作ファンだと平気かもしれないけど、私は初演バージョンが結構好きだったんだなと思います。
ただアイシス濱田さんは、歌は変わらずに素晴らしく、台詞はハリがあって脇に徹しながらも分かりやすいキャラで再演バージョンのが良いですね〜。

以上、王家の紋章ミュージカル感想でした


[PR]
# by ayaryna | 2017-04-15 21:03 | ミュージカル | Trackback | Comments(0)

『王家の紋章』4/12ソワレ感想

本日は平日ソワレ。土日に大行列だったグッズ売り場がガラガラで逆にビックリ。まぁ、クッキーとか早くも売切れたみたいですが、それなら普通の売店にすれば良いのに。

今日はB席、かつ仕事帰りでオペラグラス無しだったので細かいところは見ないでひたすら全体図の変更部分をチェックしました。
ファラオの墓がゴージャスになり、アイシスさまは舞台後方の扉を開けてご登場。以前ならばちゃっちいお墓上部で前半、階段降りて前方に来てから後半だったので、フルコーラスが短くなった印象。かつ、キャロルは今回から投入な雨合羽風ナイルグリーンシスターズ(命名)やら墓場の銀色仮面達と紗幕後ろでナイルに呑み込まれ展開中に脇で黒フード外したアイシスが戻ったら時間移動も完了。アイシス様のダークな魔力が薄まってます。
初演だと工事現場石→ファラオお立ち台兼務でチャチかった斜め階段高さ倍増!って思って良く見たら、多分初演時にチッコイお墓兼拷問部屋兼砦だったセットの上部からアイシス様イズミルさんが登り下りしてた黒の稼働階段を古代エジプト文様で包んだだけの品疑惑が。手すりの配置や高さが全く一緒なんですよ。ヒエログリフ貼って使い回したんでしょうか?
ファラオ登場時に幟が登場するのも、戦国武将じゃないんだからと突っ込みたい。
さらにイム様登場時と最後の熱唱シーンでの如何にも書割な舟は何とかならないかなぁ。イズミルさんの船はちゃんとした帆やマストがあるけど、何だか公園のボートで諸国歴訪したみたいなんですよね。
初演では「一人孤独に」現代を彷徨っていたライアン兄さんは、モジャ頭の秘書?同伴で再演は彷徨ってます。新聞だか地図を投げつけて当たりまくって居るのでキャラ変わった。初演はナイルシスターズの代わりに楕円形の布で女性アンサンブルさんがライアン兄さんに色々話し掛けるシーンがあったのにそこもカット。歌も減ったから「何でライアン兄さんがそんなに探すのか」が設定知らないと分かんないと思うんですが。墓に入った全員が行方不明かと思ってしまいそう。

この日のダブルキャストは新妻キャロル・宮野イズミル。今回は前半は宮野さん回ばかり、後半は平方さん回多しとチケットが偏っちゃったんですが、人気があるからか宮野さん回は取りにくいですね。前回は苦手だった派手キャラな宮野さん。再演では歌はますます上手くなって、身振りも大きく華やかになってました。まだ王子様には見えないですが、ルカ始め優秀な部下達を率いるカリスマ敵役って感じは格好いい。ただ歌の途中で取って付けたように「愛しいと思うなんて」とか言うシーンで目を見開くと怖いです。何だか愛情<戦に勝ちたい力学が垣間見える…。
新妻キャロルは歌が本当に上手いし声が綺麗です。特に新曲のテーベの街は結構高音が出ないと辛い曲だから新妻さんでないと難しいな〜って感心しますが、彼女でも途中で歌詞が聴きにくい…。初演ほど「言いたい事は分かるけど歌詞としての語呂を考えろよ」な部分は減ったんですが(特にニ幕)、新曲は推敲してないのでしょうか?ただ台詞がマルッと減った分、イライラしないキャラに変わりました。あの「この時代は〜、未来では〜」的部分が無いと「そんなに未来を語っていたっけ?」とは思いますけど。全体を通して「キャロルの何処がそんなに凄いのか」が分かりにくい話になった気がします。

台詞と言えば、濱田アイシスさんの喋り方がとても良くなりました〜。女王さまらしいハリのある話し方が多くて素敵。歌は文句無しに最高だし、濃い色合いの衣装も似合うし、この役を濱田さん以外だと比べられて大変そう。
浦井メンフィスさんは、やっぱりキーを下げたのが良かったのか、ソロが凄く聴きやすいですね。何だか最初から運命の相手に会いたい→そこの娘→珍しい→好きだ!ってあまりに一直線キャラに変わり、キャロルにもあんまり逆らわれないまま、いきなり誘拐→戦争になるからそこがなぁ。何で出陣式をカットしたかなぁ。

以上、王家の紋章ミュージカルの感想でした


[PR]
# by ayaryna | 2017-04-12 22:37 | ミュージカル | Trackback | Comments(0)

『王家の紋章』4/8ソワレ・4/9ソワレ感想

再演が開幕しました『王家の紋章』ミュージカル。
今回はWキャストの初日両方のチケットが入手できたので、再演で変わったところも含めてまとめて感想。
まだ行ってないんだから、ネタバレ嫌!って方はご遠慮ください。

とりあえず、初演→再演で上演時間は短くなりました
前回はソワレは17時半開演だったのが、18時開演だったので短くなったんだろうなーとは思っていましたが、具体的には一幕が80分→75分に、二幕が90分→75分に、合計で20分短縮です。
結構、いろんなシーンが削られて、まぁ、話の流れはわかりやすいんですが、曲がばっさりカットされた被害者は主に、アイシス様とライアン兄さん。。。ついでにイムホテップ様も一曲カットで、かつ「締め」じゃなくなりましたね。
キャロルは新曲二曲追加の代わりに二幕の戦闘シーンの歌が相当カット。
ミタムンさんなんて殺されるシーンでしか歌わず、、、まぁ、焼け焦げダンスも控えめになりました。

以下、完全なるネタバレ
[PR]
# by ayaryna | 2017-04-10 22:41 | ミュージカル | Trackback | Comments(0)

王家の紋章ミュージカル 再演

本日初日。
メンフィスさんのDV男シーンが無くなりました〜。
→お姫様抱っこも無しに。
キャロルの歌が追加です〜。
→前のバージョンのが良かった気が。
イズミルさんのおべべ(by宮野さん)追加です〜。
→小袖って感じです。
アイシス様が可哀想です〜。
→でも胸の谷間が凄いです(コラ)。
イムホテップ締めじゃなくなりました〜。
→ラストが無駄に明るいです。
ルカのスカートが更に短くなりました〜。
→出番は減った気がしますが、チャームは追加キャラに。

そして何よりも、セットが豪華になりました〜。
→東宝らしく電飾キラキラです。

いや〜、今回は結構チケットが取れた(取れちゃった)ので楽しく「細かいところが気になる僕の悪い癖」発揮出来そうです。
d0078553_21531943.jpg
d0078553_21534347.jpg

[PR]
# by ayaryna | 2017-04-08 21:39 | ミュージカル | Trackback | Comments(0)

食欲が旺盛だと思われているのでしょうか

今年もホワイトデーのお返しを頂きました。
年々、量が増加する一方です。
確かに私が配るチョコのお値段も上がってはいますよ、立場上ケチれなくて(←見栄っ張り)。

でも毎年思うんですが、一人暮らしって知ってるよねー?
何でこんな大箱の菓子をくれるんでしょう。。。

新人君が「僕が買って来ました!」と満面の笑みで言いましたが、「やっぱり、この子ダメだな」認定します。
意外とおじさんの上司の方が、高級どら焼きとかハーフボトルとか気が利いているのは「だから出世出来るんだな」または「今度の秘書さんはセンス良いのね〜」って垣間見えますね。
d0078553_18331655.jpg

[PR]
# by ayaryna | 2017-03-14 18:25 | 食いしん坊 | Trackback | Comments(0)

やはりお肌は大事

d0078553_14302976.jpg
『ティツィアーノとベネチア派』展に行って来ました。
柔らかい肌の輝き、テンペラの軽やかさから油彩の肉厚さへの転換期が分かる展覧会でした。
それにしても、空いてる。
クラーナハ展があんなに混んでいたのに、何故?
「チチアン」は欧米では大人気なんですが、何故か日本ではそこまででない〜、って昔の研究室仲間が嘆いていたのを思い出しました。

帰り道にバレンタインチョコを買い出し、ポリゴンをようやくゲット!
あとはプテラとカイリューだな

[PR]
# by ayaryna | 2017-02-04 18:29 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)