人気ブログランキング |

御礼参り

川崎大師まで御礼参りに行って来ました。
殴り込みじゃないよ、「心願成就」のお礼ですよ。
心の中の秘めたる願いが「心願」。
なので、「これは自分が秘めた願いが叶ったんだ!」と思うと心願が成就した訳です。
過去二回はお札を頂いて大体二年で「御礼参り」して、新しいお札を頂いたんですが、今回は足掛け8年…。
よーやくワタクシの「心願」が叶ったので、すっかり日焼けして色の変わったお札を納めて、加持祈祷して新しいお札を頂きましたー!
白木の綺麗な新しいお札です。
このお札は早めに御礼参りしたいなぁ。
d0078553_20045610.jpeg


# by ayaryna | 2019-07-13 19:57 | 本日のツボ | Trackback | Comments(0)

パンフラワー作ってみた

正確にはクレイフラワーと言うそうですが、粘土で作るお花です。
新しい趣味を探し中なんですが、コネコネ粘土を触るのは向いているんじゃない?と勧められたんです。
プリザーブドフラワーはピンセットでセッティングしていくのがイマイチだったんですが、パンフラワーを作って分かりました。

ワタクシ、お花飾るの好きだけど「生のお花」に限る、なんだなぁ。

パンフラワーの方が色合いとかサイズとか自分好みにカスタマイズ出来るけど、やっぱり「飾り物作り」というか、それを部屋に飾ったりは向いてない。

という訳で、他の趣味を探します。
d0078553_09470519.jpeg

# by ayaryna | 2019-07-07 09:40 | 日常 | Trackback | Comments(0)

光秀君に伝えたい

もちろん、明智光秀君のことですよ。
御神籤引いたら「凶」だったので、次を引いても「凶」、三回目でようやく「大吉」だったので(最後まで凶だった説もある)、意気揚々と本能寺に乗り込んでった、彼の方ですよ。
まあ、結果は三日天下でしたが、ある意味「織田信長を殺す」という満願は叶えてます。

なんでそんな事をというと、ワタクシも今年の浅草寺で御神籤引いたらまさかの凶!二回目引いても凶! 「もう諦めたら?」とか言われながらも三回目は〜「吉」。
「光秀君より先行き暗いよ!」と年初から落ち込み。

しかしながら、凶の二本は境内に結びつけましたが、吉は一応大事にお財布へ。大吉より高待遇の理由は文章が良かったから。

『久暗漸分明 登江緑水澄 』
久しい曇り空もようやく晴れ渡り、すっきりとした幸運が巡り来ます
水や木々が澄み渡り心配ごともなくなります

『芝書從遠降 終得異人成』
目上の人から推薦状貰って遠くに栄転します
予期せぬ人に出会い助けられて願いや望みが叶います

何となく、上司が推薦状?とか遠くに栄転とか、異人?などなど

これまでのパターンとは違うなぁ。でお財布の中に入れてたら「転勤辞令が出て異人と会いに行きます」となりました。後ろの二行が当たるなら、前半も当たるよね?! 心配ごとのない、すっきりとした幸運、期待してます!

だから光秀君、きみは御神籤を引きなおしたのは正解だったんですよ。気にいる御神籤こそ大切にされ、叶うんだよって伝えたいです。
d0078553_22512529.jpeg

# by ayaryna | 2019-07-04 22:17 | 本日のツボ | Trackback | Comments(0)

ペーパードライバー講習

免許を取って十ウン年、無事故無違反のゴールド免許のワタクシ。
まあ、バイクは偶々一回も違反切符切られなかったし、四輪はそもそも殆ど路上走って無いからですけど。

という訳で?車を運転するにはブランクがある上に、あまり周囲の人間に恵まれて無い人徳の無さ(開き直り)から、誰かに助手席座って貰い練習は危険だなぁ、てか責任取れないなぁ、とお金払ってペーパードライバー講習を受けました。

迎えに来てくれて「練習場所まで運転する?」→それが出来るなら頼まんわい!

ガラガラ道路を恐る恐る運転。勿論、補助ブレーキ有り。ワタクシの運転に命かけてるなんて大変だなぁって思う。まあ、変なお客さんが多いとかで後半殆ど愚痴ばかり聞かされたけどね。
d0078553_18452995.jpeg

三時間走ってから、今度は自分で駅まで運転。偉いぞ、私! 以外と簡単にカンが戻って来ました。講習受けて正解でしたが、一つだけ気になったのが「一度も免許確認されなかった」こと。ワタクシが無免許だったり不携帯だったらどうすんの!?と内心思った。

久しぶりだけど、この調子でどんどん走らせるぞー!

# by ayaryna | 2019-06-22 22:32 | 日常 | Trackback | Comments(0)

やっぱり螺旋階段ですね!

汐留パナソニックミュージアムで『ギュスターヴ・モロー展』を見てきました。汐留は散々通ったけど、この美術館は初めて。
運命の女ってテーマでサロメや神話主題の女性像を展示。習作とか描きかけが多かったけれど、まあ、テーマ絞って分かりやすかったです。
もちょっとミュージアムグッズが凝ってたらなぁとは思った。
そして記念撮影コーナーが、やはりというか、私のお気に入り「ギュスターヴ・モロー美術館の螺旋階段」でした。
d0078553_20313090.jpeg

# by ayaryna | 2019-06-11 20:24 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

遂に!

このお疲れモードの高崎だるまさんに両目が入りました!
叶う事が有ったんですよねー。
さて、次はもっと大きな達磨買わなきゃ。

d0078553_21483705.jpeg

# by ayaryna | 2019-05-23 21:29 | 本日のツボ | Trackback | Comments(0)

今年は参加しました

神田祭です。今年は参加して神輿担いでエイサー!
お陰で?神幸祭は間近で見ることが出来ました。

d0078553_21074859.jpeg

# by ayaryna | 2019-05-11 21:05 | 日常 | Trackback | Comments(0)

『ジョセフ・コーネル コラージュ&モンタージュ』展

DIC川村記念美術館でジョセフ・コーネルの展覧会といえば!な感じで行ったんですが、、、佐倉は遠い。佐倉の駅からも遠い。なんか旅した気分になりました。

やっぱり、コーネルと言えば「箱」、アッサンブラージュの独特な世界観があり、ノスタルジーを沸き起こしますねー。

コラージュは、うーん、素敵だけどもねな感じ。バレリーナとかとの手紙のやり取りは面白かった。周りにこういう人いると大変そうだけど。

なかなかのコレクションに美しい庭、無料シャトルバスだし、たま〜に行くには楽しいかもしれない。
d0078553_15114118.jpeg
d0078553_15123608.jpeg

# by ayaryna | 2019-04-21 15:00 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

『ラファエル前派の軌跡展』

三菱一号館美術館にて開催中の『ラファエル前派の軌跡展』。美女たちがずらりと勢揃いした展覧会だからか、女子割デーだったからか、見事に女性ばかり。
ラファエル前派が好んだ「赤毛系、鼻筋細め、唇くっきり」顔って、今だと「女子受け高い綺麗系」だなぁと思います。割と大作も来てたし、画家としては大した評価がないけど、大批評家である(バァザーリと同じどわな)ラスキンの絵をしげしげ眺めたのは初めてでした。細部に拘る割に遠近感が微妙。更に微妙なのがカタログや解説文での彼の業績と私生活の描写。あれでは嫌味なコキュなのか、理論家なのか、この絵画集団や当時の画家とモデルになるような女性の出身(の低さ)が分からない。単にヤリサー風に感じるんでは、。

三菱一号館美術館も小部屋をあちこち自動ドアがひたすら開閉する落ち着かなさで仕切り、かつ縦横十文字天井光配置で絵が反射してるという「個人的に苦手な箱」外観は洒落ているのにね。

最近のトレンド、「好きに撮影してネットに上げてね」コーナーがらありましたので、撮影したけどベスト照明は見つからずでした。残念。
d0078553_22425824.jpeg
でも最後のモリス商会のデザインに「壁紙買おうかなあ」と思いました。確か横浜そごう美術館でも似たような企画があったはず。

DIYしよう!っと。

# by ayaryna | 2019-04-10 22:28 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

『女王陛下のお気に入り』

イギリスで一代の風雲児といえばモールバラ公爵ジョン・チャーチル。スペイン継承戦争での戦功でブレナム宮殿を下賜され、田舎弁護士の息子が大将軍になったのは妻がアン女王のお気に入りだったから。

そんな女王陛下のお気に入りの座を巡るコメディという宣伝文句でしたが、何処が喜劇と言いたいくらいに暗い話だった。。。三人ヒロインの誰にも共感出来ず、カツラ男達の化粧は不気味で、兎が可愛いだけだなって思ったらラストシーンがまさかの兎。→そこか?
レイチェル・ワイズはコスチュームプレイだとあの美女オーラが無く地味、エマ・ストーンは相変わらず目ばかりデカくてあまり性格良さそうに見えないけど『ヘルプ』も今回も「表面的には良い子キャラ」。この二人が女王を取り合っても、内容がエグくて笑えない。
むしろ殆ど飲酒シーンが無いのに(過食シーンはあるけど)最後は常に酩酊アル中っぽいアン女王の映画だったかも。家具だと「アン女王形式」って猫脚の家具があったり、たった十年ちょっとの在位でも政党政治の「君臨すれども統治せず」の時代を幕開けたスチュアート朝最後の女王の特異感はあった。
でも、最後は兎…。
また観たいと思わない映画だった。

# by ayaryna | 2019-03-23 15:51 | 映画 | Trackback | Comments(0)

映画・芝居・読書・絵画の鑑賞記録


by ayaryna
プロフィールを見る
更新通知を受け取る